ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

 サキコロ


 先日、谷中の「不思議(はてな?)」という古本&雑貨屋さんで、サキコロの「シングル盤」(!)を購入しました(隣の小さいのは私が持ってたCDです)。

 中身は、「シングル」なので、アルバムから「モリタート」が1曲カットされて収録されているのですが、クレジットには「モリタートその1」「モリタートその2」となっていたので、A面B面、どのように振り分けられているかどうしても知りたい...。

 ひょっとして別テイクを両面に収録したのかなあとも思ったのですが、当時は別テイクなんてそんなに出まわってなかったでしょうし、なにしろジャズのシングル盤なんて初めて見るので、とにかく即買いして、家でプレーヤーを引っ張り出してかけてみました。

 大胆。期待どおりというか、大胆。
 散々みんながソロをとって、ドラムソロまでまわり、ベースソロになった途端、A面終了。トミーフラナガンの粋なバッキングの音とともにぷっつり終了。これって当時はアリだったのですねえ。

 そしてB面はさらに大胆。
 さっきの続きから始まって、でも「モリタート」は割とすぐ終わってしまうため、あまったところに、なぜか、やはりロリンズ演奏の「On a slow boat to China」が....。あれ、これって、サキコロ収録曲じゃなかったのでは....?
 さらには、このサービス曲に関して、ジャケにはひとこともクレジットされていないのも大胆でした。いいのかなあ...。

 当時の定価で450円。
 私は500円で買ったけど。
 いい買い物でした。

 あ、ちなみに「サキソフォン・コロッサス」ですからね、ホントのタイトルは。念のため。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

シングル600円ぐらいの時代は覚えがあるので、450円というと相当古そうですねー。

「地獄の黙示録」公開当時、「ワルキューレの騎行」のシングルが出てて、買いましたよ。それもAB面に渡って収録されてました。一応フェードアウト、フェードインしていたと思います。

  • 2007/11/09(金) 18:51:19 |
  • URL |
  • サスケハナ #-
  • [編集]

クラシックの曲も長いから、「シングル」の枠ではおさめられないですよね。なるほど。

でも、その収録限界が今になってみると、ちょっといとおしく思えますね。 
 CDで、元LPにはない別テイクがたくさんはいっているアルバムが再発されると、うれしいんだけどちょっと節操がない感じがして。。 「数ある別テイクから、このテイクだけを収録しました」っていう、そのプレミア感が、失われる気がするんですよ。そういう意味でこのシングル盤には「美学」が感じられます。

 そこまで考えて買ったわけじゃないんですけど。

  • 2007/11/10(土) 13:13:26 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]

別テイク

たまに「蛇足だろ」ってのもありますよね。

  • 2007/11/14(水) 00:53:28 |
  • URL |
  • #-
  • [編集]

なんでこのテイクがボツで、なんでこっちが採用されたのか、とかを考えるのには重宝なんですがね....。

  • 2007/11/15(木) 00:57:49 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]

確かに大胆。

ご無沙汰しております。

いつの間にか11月も中盤。
寒くなりましたね~。最近はライブにいくチャンスを逃し続けて、ちょっとしょんぼりです。

ジャズのシングル版って、僕は買ったことがないのですが、かなり大胆なカットのようですね。僕は70年~80年代のヒットチャートがひそかなブームとなってます。しかもシングル版で。今はオリビア・ニュートンジョンの「フィジカル」を聞いてます。どうにも懐かしいです。

  • 2007/11/17(土) 11:57:07 |
  • URL |
  • Daddy #Ay6tTHf6
  • [編集]

Daddyさん、久しぶり~。そうそう、最近ご無沙汰ですね~。

私も、今回のこの大胆なカットが面白かったので、他のジャズのシングル盤の切り方、オマケの入れ方が気になっています。

 ところで、「フィジカル」、懐かしいですね~。
私もその時代のもので一枚だけシングル盤をもってます。モノはカーペンターズの「プリーズミスターポストマン」。
 実家においてあるので、写真をお見せすることができないのが残念ですが、エアメールみたいなジャケがかわいいんですよ~。

  • 2007/11/18(日) 12:09:43 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3067位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
131位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する