ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

 今日帰ったらケーブルテレビで中国製ホラー(?)&コミック映画「キョンシー」をやっていました。

 私はこの年になっても怖がりです。
 そんな私の信念は、「ホラーは洋物に限る」です。どんなにコワイ内容でも、「でもあれは外国の話だから」、と一線をひいて見ることができるからです。だから、「エクソシスト」も「13日の金曜日」のジェイソンも平気、「死霊のはらわた」なんて、つくりが甘いのを喜べるくらいの余裕だったのですが...。
 
 これ、怖がりだった子ども時代に自分を納得させるためにつくったルールだったんですが、結構便利でした。しかし、融通がきかない子どもだったので、ちょっとでも洋風から出ると、微妙にコワイ。つまり、「キョンシー」も中国は外国だとわかっているのに、少しテイストが近づいたせいか、当時見たときは結構コワかった覚えがあります。今みると、ほほえましいくらいの感じですが。

 対する「和モノ」ですが、近年見ていちばん後悔したのは「リング」です。あんな、フツーのタタミの部屋のフツーのテレビから、そんな...。特にうちのテレビは古い型なのでリアリティがあって余計ヤバイ感じです。早くデジタルに買い換えにゃ~(すべては「駐輪場の屋根問題」が決着してからですが。みなさん、心配してくれてありがとうございます)。
 
 最近は日本製ホラーを向こうでリメイクしたりしているので、主人公は外人なのに、舞台は日本家屋だったりして、侮れません。あまり前知識なしに洋モノだから大丈夫、とか安心しているとだまされます。私はこないだテレビでうっかりハリウッド版「リング」を見てしまいました。いえ、知らずに見ていて、これ、どこかできいたお話だ、と思った時にはもうやめられないところまで来ていたんです。

 そういえば大林宣彦さんの昔の少女向けホラー映画の中に「ピアノの化け物に食われる少女」というシーンがあるそうです(鍵盤が歯になるのでしょうか?)。あまりにコワイので噂には聞きますがまだ見ていません。これを読んだ方もけして探してプレゼントしたりしないでください。仕事に差し支えますんで...。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

暑いときはホラーだなんて!

僕もかなりの怖がりです。しかもかなりの筋金入り。
なので、夏に稲川淳二を見かけるととても複雑な気分になります。同じ「ジュンジ」なら高田純次のほうが好きです。
怖い話は鳥肌モノでヒンヤリするけれど、そんな涼のとり方は好きじゃないです。冷房の聴いた部屋でホラー・ビデオを見ていると思わず後ろを振り返ったりします。
やはり暑いときは、涼しげな食べ物と涼しげな音楽。
これに尽きます。

ピアノの化物は「ハウス」かな?見てませんが。

ホラー映画で私が一番好きなのは「アタック・オブ・キラー・トマト」ですね!(ホラーか?)

今まで映画を観て来たなかで一番怖かったのは、ホラーではなく、「地獄の黙示録」のジャングルから虎が飛びだしてくるシーンです。

  • 2007/08/18(土) 23:16:00 |
  • URL |
  • サスケハナ #-
  • [編集]

先日、現在上映中の「怪談」観に行きました。
http://www.kaidan-movie.jp/home.html
結構怖かったよ~!v-12(監督はリングの中田秀夫氏でやんす)
でも、帰り友達とv-275一杯飲みながら、
「相手を取り殺すほど、嫉妬に狂う恋をしたいもんだ」
という結論に達したのでした~v-8

  • 2007/08/19(日) 19:27:20 |
  • URL |
  • えみ~こ #-
  • [編集]

大林監督の「HOUSE ハウス」、今月日本映画専門チャンネルでやってるじゃないですか。
後一回、30日の4:25から放送があります!

  • 2007/08/21(火) 21:50:34 |
  • URL |
  • #-
  • [編集]

あ、上のカキコは私です。

  • 2007/08/21(火) 22:16:56 |
  • URL |
  • サスケハナ #-
  • [編集]

気がつくとこんなに書き込みが....。みなさん、実はホラー好きなんですね?

サスケハナさん、えみ~こちゃん、推薦ありがとうございます。でもお気持ちだけいただいて、たぶん絶対絶対見ないです(汗)。
 えみ~こちゃん、予告編だけで十分コワイぢゃないですが、これ....。Daddyさん、賛成です。怖がりのDaddyさんも上記のURLは開かないほうがいいですよ。しかも閉じ方がわかんなくて、数分間びびってたよ、私。

  • 2007/08/21(火) 22:36:12 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miss.blog20.fc2.com/tb.php/79-d70e57f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(LD)霊幻道士

内容中国古来の妖怪キャラが続々登場。妖怪退治のエキスパート霊幻道士が秘術をつくして対抗する不思議感覚一杯のキャンシー・ホラー。東洋の神秘と最新SFXが合体した爆笑と恐怖のてんこ盛りビデオ。監督:リッキー・リュウ出演:ラム・チェンイン、リッキー・ホイ他1985年

  • 2007/09/08(土) 11:44:17 |
  • 洋画がたくさん
このページのトップへ

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
93位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する