ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

 ソロピアノを弾いている最中に「あちらのお客様から一杯いただけるそうですが、何にしますか」と、お店のスタッフからとてもありがたいお申し出をいたただくことがあります。

 これ、心の中では(!わーい、ありがとうございます!)なのですが、弾いているときは、私は話ができないので、「何にしますか」に答える一言がすぐ出ず、この仕事を始めた当初は、聞きにきたスタッフをにらみつけてしまうという大変カンジの悪いピアニストでした。ほんとはにらみつけてたのではなく、目で「ビール」とか「オレンジジュース」って語ってただけだったんですが。
 ようやく最近は一言くらいなら発声することもできるようになったのですが、それだと「ビール」「ワイン」くらいしかいえないので、次は、二音節以上のカクテル名「カンパリソーダ」とか「シャンディガフ」とかの発声にもチャレンジしてみたいと思います。

 これ、他のピアニストにも聞いてみたのですが、できる人はできるみたいですね。さらに、先日見に行ったライブでは、エレキベースでチェイサー(セットの最後のテーマみたいなのです)を弾きながらにこにことMCをやっている人すらいて、びっくりしました。

 映画などでは、バーの片隅で弾いている男性ピアニストに美女が語りかけると、ピアニストは相変わらず弾き続けながら(!)おしゃれに受け答えして、ついでに一言二言美女を口説いちゃったりという神業のような場面が出てきますが、これは私には絶対無理...。

 ところで、バーにピアニストといえば映画「カサブランカ」。
 近年見直していちばんびっくりしたのは、リックのバーでは、お客様のお席まで、アップライトのピアノ(キャスターつき)をごろごろもってきて演奏しちゃうサービスがあるという点でした。これはスゴイ。
 よくメキシコ料理のレストランで、テーブルまでマリアッチが演奏にまわってくるとか、日本の小料理屋でも流しのギター弾きがまわってくるとか、そういうのならわかるのですが、その感覚で、リクエストがあるとピアノ弾きがピアノを押して演奏にしにくる...。調律が狂うだろうに、いえ、そんな細かいことを気にしているようでは、生き馬の目を抜く外地モロッコでのバー経営は成り立たないのでしょうね。
 やられた、と思いました。

 いえ、これはもちろん、映画の撮影の図柄上の都合だと思うんですが、そして、たぶん、普通の観客はあまり気にならないポイントだと思うんですが。
 そういう目でミュージシャン映画を見直してみると、特に古いハリウッド映画あたりにおいしい見所があるかもしれません。誰か知ってたら教えてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

言いにくいですよね~

2音節もなかなか至難のワザですよねー。
僕もレコードを回しているときに、「お飲み物は?」と聴かれても「ビール」としかいえないです。たまには007を気取って「ウォッカマティーニ。かき混ぜてシェイクして。」と言ってみたい衝動に駆られます(呆)。でもそんなの飲んだら選曲に支障を来たすし、ボリュームの大小の判別が付かなくなる・・・・。きっと集中しなさいという事なのかもしれませんね。

  • 2007/07/01(日) 23:04:14 |
  • URL |
  • Daddy #Ay6tTHf6
  • [編集]

そうなの。「ワイン」とか言いやすいしおいといて見た目も美しいんですが、指が酔っ払っちゃうのよね~。あと、ピアノの上に飲み物を置かれると、「これをこぼしたら楽器が傷む~」と思うと気が気じゃないのです。

 これはもう前もって決めといて、「いつもの」とかいうと休憩時間になった瞬間に冷えたシャンパンがくるっていうのが美しいかもしれません。
 でも、もうこうゆう段取りを考えているってだけで十分小心者で美しくないですね~。

すみません。集中します。

あ、それからブログ拝見しました。ブロッサムディアリーは私も大好きです~。

  • 2007/07/02(月) 13:57:10 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
126位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する