ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

6月のスケジュールはコチラ
7月のスケジュールはコチラ

News!
7/18(火)久々の「月夜の散歩〜其の八」!@高田馬場サニーサイド with 三井大生(バイオリン)佐藤有介(ベース)伊達弦(コンガ) 

次回ピアノトリオは
8/24(木)@高田馬場サニーサイド with 大表秀具(ベース)岡田朋之(ドラムス)19:30〜¥3000+オーダー


さてさて。今回はミュージシャンのお話。


カルテット「月夜の散歩」

今回のCD「月夜の散歩」は、
ここ2年ほど、「超素敵音楽会〜月夜の散歩」というシリーズで、
演奏を続けてきたライブを基にしたものです。
カルテット「月夜の散歩」は、
私がいろんなところで出会って、いいなあと思った素敵ミュージシャンの皆様に、
「勇気を出して」声をかけてお願いすることから始まりました。

音を出してみたら、本当に素敵で、
この音を冷凍保存して、いつまでも持っていられたらいいなあ、
と心の底から思いました。
でもでも。
演奏はナマ物。
いつまでもみんな一緒にいられないのは、過去にもすでに経験済み
無理して一緒にいようとすると、大事なものが壊れてしまう。

それぞれの流動する人生の一瞬、袖振り合った刹那に、
せ〜の、
で音を出すから、音楽があんなに輝くのかも。
その一瞬を切り取ったCDにできたと思います。


私がポンコツだったため、
参加メンバーの皆様にはご苦労をおかけしましたが、
改めて聞いてみて、本当に本当に素敵な音になったと思います。
私は長生きする予定なので、あと50年(!)くらい大事に聴かせていただきます。
そして、私が作りたかった「この音」が
あなた」の胸にも届くといいなと思うのです。




20151002-08-053ap.jpg

三井大生さん(バイオリン&ビオラ)
 コンテンポラリーなジャズが達者なバイオリニストはたくさんいますが、
 この方のように、古めのスイング感が絶妙で、エレガント、という人はなかなかいません。
 それもそのはず、そのルーツは、
 カウントベイシーを愛する「ギタリスト」!!!だったのでした。
 抜群の音楽性で、最近はメジャー系のサポートのお仕事も多いため、
 なかなかつかまらなくなってしまいました
 こうやって一緒に音が作れてうれしいです。
 4ビートの曲でのswingぶり、オリジナルナンバーでの浪漫な歌心、
 そして、「炭坑節」でのビオラにもご注耳ください。


笑顔のMr. じらふ

佐藤有介さん(ベース)
 録音を企画するにあたって、まず一番に相談したのは実はこの人でした。
 ベースもサウンド全体を支えていますが、人柄もバンドを支えてくれています。
 私が歌の伴奏をするお仕事の時に、「ベースは佐藤さんに頼めないでしょうか?」と
 高確率で相方リクエストがくるのもこの方です。
 最近まで、黒船レディちゃんと、「じらふ」というバンドをやっていました
(実は、詩人だから歌詞も書けるんです。スゴイ)が、
 他にも、コーラスグループ「Jammin'zeb」のサポートや
 音楽スクール「Sucre( シュクル)-music」の「学長」を務めるなど
 よそでも大いに頼りにされている気配。 
 「炭坑節」に一瞬現れる狂言回し(トリックスター)のようなベースソロ、必聴です。
 

伊達弦さん(2017/2月)

伊達弦さん(コンガ&パーカッション)
 ドラムもいいけれど、パーカッションの方と音楽を作るのが、私は大好きです。 
 弦さんとは、「モスランズ」でエキゾ音楽を録音したときからのご縁です。
 「Orquesta de la luz」や「クレイジーケンバンド」などに在籍し、
 今も数多のバンドのサポートをしている中、
 今回、アレンジ段階から関わってくれて、
 アイデアもたくさん出してくれました。
 CDでは、どの曲も弦さんのVividでHappyな音でいっぱい。
 ライブでの楽しさを再現できたかな。
 「ロンサカ・パーティ」や「子犬のルンバ」での心ワクワクするソロ、
 そして、コンガでswingやると、こんなに楽しいんだと思わせてくれる「c’est si bon」「into each life some rain must fall」、
 「炭坑節」でのアーシーなプレイがたまらないのです

ゲストミュージシャン


平岡遊一郎さん

平岡遊一郎さん(ギター)
 前作「ノミのサーカス」で、サウンドプロデュースをしていただきました。
 以前、平岡さんが参加する、村上ゆきさんのCDを聞いて、
 アレンジの素晴らしさに惚れ込んで以来、
 じわじわにじりより、前回はプロデュース、
 そして、今回はゲスト参加をお願いすることができました。
 一緒に演奏した時の「え〜っ?」っていう楽しさはもちろん、
 シンガーのプロデュース、音作りの名人で、
 ミュージシャンとして、とても尊敬する方です。 
 今回「ペペルモコ」「C'est si bon」「ロンサカパーティ」の3曲を弾いていただきました。
 実はこのアルバムは平岡さんのメロウなギターで幕を開けます。


CD「月夜の散歩」、絶賛手売り中です♪
  
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
126位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する