ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

10/31(木)リーダーでピアノトリオいたします!→コチラ

10月のスケジュールはコチラ

11月のスケジュールはコチラ


昔読んだ愛読書を読み直してみよう、キャンペーン中です。

今とりかかっているのは、ブラッドベリの「火星年代記」。
今日は、嵐の前の微妙な雨もようで、
小説に描かれる火星のメランコリックな風景と微妙に重なります。

この小説が1冊の本として出版されたのは1950年だそうですが、
火星、ときて思い出したのは、

「私を月につれていって。木星や火星の春がみてみたいの」
おなじみ「Fly me to the moon」(1954)。

この時代は宇宙への夢がきらきらしていた時代だったのでしょうね。

「彼女、僕のロケットに乗ってかない?月にでもデートしにいこうよ」
なんていうナンパな歌詞の曲を
あのナット・キング・コール様も歌っていらっしゃいました。
(「Destination Moon」1952 Roy Alfred & Marvin Fisher )

ところで、ブラッドベリの短編の中で私が好きな一篇は「いちご色の窓」(たぶん)というお話です。
どの本に入っていたか思い出せないのですが、
確か、どこか僻地の惑星に移住した夫婦の話で、
孤独で不安がる妻に、夫が一台のピアノを取り寄せてくれるという、それだけの話なのですが、

そのピアノがあるだけで、そんなどうしようもない孤独がいやされるなんて、
どんな響きがするんだろう。

当時乙女だった私は思ったわけです。

どんな響きがするんだろう。
本日の寒い雨模様の中、リアル私も、いま思っております。
















関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

「いちご色の窓」は

「ウは宇宙船のウ」(東京創元社・創元SF文庫)および「メランコリイの妙薬」(早川書房)に所収とのことです。

原題:The Strawberry Window

  • 2013/10/24(木) 13:01:11 |
  • URL |
  • 村山伝兵衛 #ulYx6Mu6
  • [編集]

でんべえさま

相変わらず素早いリサーチありがとうございます。
さっそく
押入れの奥を探してみます♪

  • 2013/10/24(木) 16:33:53 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]

「月の秋」

リリー婦人は「夢見る乙女」そのままのロマンティシストですね。同時に鋭いリアリスト・アナリストでも、いらっしゃるんですね。“Fly me to the Moon”が、宇宙への憧れが未だ美しかった時代の作品だったとは、目から鱗が落ちる思いです。「火星の春」って一体、どんなんですかね?。私は、兎が餅搗きしてそうな「月の秋」がいいです。子供の頃、十五夜の御供えの月見団子を、翌朝祖母が、砂糖醤油で甘辛く煮てくれた味が忘れられません。やっぱり、「花より星より月よりも団子」です。台風が、それてくれます様に…。

あんとんさま

いえいえ。いいトシをしてちょっとどうかなとは、常に思っております。v-356
でも、どうせなら、花も星も月もみたらし団子も、ぜんぶある方が、好きですv-353

  • 2013/10/25(金) 11:31:50 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2804位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
121位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する