ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

8月のスケジュールはコチラ

9月のスケジュールはコチラ

日曜日は渋谷O-Nestで、ジェントルフォレストジャズバンドのライブあります。
暑さを22人の大音量で吹っ飛ばしませう♪→コチラ




「風立ちぬ」を見にいってきました。
いい映画でした。

最初に泣けた場面は。。。
避暑地のホテルのレストランで、みんなが映画「会議は踊る」(1931)の主題歌を歌っていた場面です。

この曲、ホントにいい曲なのに、なんで割と忘れ去られちゃったのかなあ。

私は、中学時代、NHKでリバイバル放送をしたときにこの曲に出会いました。
「ただ一度だけ」、という曲です。
気にいった曲は耳コピーしてうちで弾くのが習慣だったので、気に入ってずっと弾いていたのですが、
歌詞がドイツ語なので、歌えないのが残念でした。

それから数年して、「映画音楽のすべて」的な楽譜集を見つけたら、偶然この曲がのっていたので、
父に旧制高校仕込みのドイツ語で、フリガナを振ってもらい、やっと歌うことができるようになりました。

映画で、唱和する主人公をみてて、
父も、若き学生時代、こんなふうに、この曲を歌っていたのかなあ、
なんて思ってたら、なんだか感極まってしまったのですね。

フリガナを振ってもらった楽譜は、大事にしていたのですが、
友達に貸したら返ってこなくて、とても残念でした。

でも、レアな存在になってしまった今、この曲に時々出会うと、
うわぁ。。。
って思います。

北村薫さんの「リターン」という小説にもこの歌が出てきていました。
それから、六本木で時々会う、海軍にいたという社長さんも、この曲をたまに歌われます。

 ただ一度だけ
 もう二度と来ない
 ただの夢かもしれない。
 人生にただ一度
 明日にはもう消え去っているかもしれない。
 人生にただ一度
 だって花の盛りはただ一度だけ。


ところで、主題歌のほかに、
映画の内容で一番印象深かったのは、ロシア皇帝のお部屋にあった「サモワール」でした。
女の子(当時)って意外にこういうものに弱いんっすよね。








関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
80位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する