ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

News! 6/6(木)に高田馬場サニーサイドにてリーダートリオ「Pastis?」いたします→コチラ

5月のスケジュールはコチラ

先日湯島のカスターで、それはすてきな男性ボーカルがかかっていたので、誰だか確かめたら、
「ケニー・バレルです」
「いえ、ギターじゃなくて、歌っている人なんですが」
「だからケニー・バレルです」

え~っ!!!!!
ギタリスト、ケニー・バレルは、歌でも十分食べていけるほどのボーカリストだったのでした。
ケニー・ファンの方にはすでに常識なトリビアだったかもしれませんが。
(たぶんコレ↓)
「Weaver of Dreams」(Kenny Burrell)
「Weaver of Dreams」(Kenny Burrell)

そういえば、実はオスカー・ピーターソンもナット・キング・コールばりの素晴らしい歌い手ですが、
「オレはピアノでいくから、オマエは歌でいけ」
と、二人の間で棲み分けができていたので、あまり歌が残っていないんだとか。

ピアノの弾き語りならそんなに珍しくないんですけど、
チェット・ベーカーの歌とか、最初はみんなびっくりしたでしょうね。
ケニー・ドーハムの歌のアルバムもあるらしいですが、
「聞かないほうがいいかも」とディスられました(勧められたの逆です)。あらら。

サラ・ボーンはコンサートで必ずピアノを弾いてみせてたし、
メル・トーメもドラムが得意だし、
そういえば、まわりを見渡すと、
シャンソンも歌うしアコーディオンもスチールギターもできるベーシストとか
ハモニカにはまっているアルトサックスくんとか
絶対音感があってピアノが得意なドラマーとか、
そしてもちろん、
機会があれば、オレにも歌わせろ、というミュージシャンはもっともっといるはず。

私も、だから
「ゆりさん、歌わないの?歌うんでしょ、実は~」とよく言われますが、
歌いません。
以前そんな感じで乗っけられて、ソロピアノではいっていたお店で歌ったら、
歌い終わったところでお客様全員がうつむいてしまって、
「でもこの歌は、とってもむずかしい曲なんですよ~」っと店の女の子にフォローされたりした事件があったので

さて、私のいちばん好きな「本業以外」の演奏は、
スラム・スチュアートの歌。
Slam Stewartは、ライオネル・ハンプトンの有名な「スター・ダスト」で
アルコ(弓)ソロに自らのスキャットを重ねて「ロ~ンドン橋落ちた」、とかやっている人ですが、
本気で歌っても素敵でした。
stashというレーベルから出ている「New York New York, Sounds Of The Apple」という
コンピレーション・レコード(CDはないみたいです)で、2曲歌っているうちの1曲
「Sidewalk in New York」というのがそれで、
こんな感じで 音楽と関われるのは本当に幸せだなと思える歌です。
シンプルだけど素敵。シンプルだけど深い。そういうのがいちばん難しいんでしょうね。

「New York New York, Sounds Of The Apple」(stash)
「New York New York, Sounds Of The Apple」(stash)

(興味のある方は、私がこのアルバムを教えてもらった、原宿ハイファイ・レコードさんのサイトで試聴できますので検索してみてくださいね。このサイトもいろいろ聞けて楽しいんです




関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

エラの"Sunshine of Your Love"聴きながら読ませてもらいました。

  • 2013/05/06(月) 22:40:29 |
  • URL |
  • サスケハナ #qsvP4ThM
  • [編集]

幻の名盤♪

それって、エラがビートルズとかクリームとかを歌っているアルバムなのですね。
ある意味、本業以外。。。なのかも。。。

  • 2013/05/07(火) 00:02:36 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
94位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する