ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

6月のスケジュールはコチラ 

6/6(水)リーダーライブやります。→コチラ


お待たせしました。その参でございます。

披露宴で後ろめたいことなく、天下晴れて演奏できるスタンダードジャズナンバー。
なるべく有名な曲を中心に、自分の好みで10曲あげてみました。

A列車で行こう(Take the A train)
 デューク・エリントン楽団の代表曲。メロの有名さ、「ジャズだぜ」感、景気のよさはピカいち。
 乾杯あとの宴会開始盛り上げにもってこいです♪

♥Moonlight Serenade
 6月の月夜、恋人に捧げるセレナーデ。甘い。甘すぎる。
 文句なく有名メロディ。個人的には、くずしたりしないで、そのまんま弾くのが好き。
 入場、お色直し退場など、いろいろなシーンに似合います。

♥As Time Goes by
 映画「カサブランカ」で使われたため、幅広く知られています
 「どんなに時がすぎても2人の恋は変わらない」
 映画ではボギーと人妻の間の恋だったけど。。。アレ?

♥Fly me to the moon
「私を月に連れて行って、火星の春がみてみたいの。
 ...ていうのは、あなたのことが好きっていう意味なのよ」
 「エヴァンゲリオン」でボサノバで取り上げられたので、新郎新婦世代にはどストライク。
 プロ野球中継中も流れていた気がするので、お父さん世代にもうけるはず。

♥Someday My Prince Will come(いつか王子さまが)
 ご存知ディズニーのナンバーですが、マイルスやエヴァンスなどのジャズマンが取り上げています。
 もう、どこに使っても貼り付きます(?)。

♥It's Only a Paper Moon
小粋で楽しい感じのスイング。
 バイオリンとかいるとキマるんですけどね。
 「紙でできた月でも、あなたが信じてくれたらホンモノ」

♥L-O-V-E 
「LOVEは世界の言葉、LOVEは二人の宝
 愛し合えば明日も明るい」という、めでたい日本語の歌詞がついています。
 原曲は「あなたにほかに好きな人がいたとしても」というひとことがあってややヤバイんですが。
 昔、缶コーヒーのCMで浜崎あゆみちゃんが歌ってたんだけど。。。。いまはそれほど有名じゃないかなあ。

♥Misty
 恋にとまどう様子を「まるで霧のなかにいるみたい」、とたとえた、ロマンチックなバラード。
 「恐怖のメロディ」というクリント・イーストウッドのサスペンスに使われたのが有名ですが、曲の美しさには変わりないので。。。 

♥Someone Watch Over me(やさしき伴侶を)
 「私を見守ってくれる羊飼いはどこなの?私にはいつも見守ってくれる人が必要」
 最近、某不動産屋のCMで、歌ヴァージョン、インスト・ヴァージョンなど流していたので、使うなら今!
 花嫁のお手紙朗読、花束贈呈におすすめ。

♥明るい表通りで(On the Sunny side of the Street)

「コートと帽子を手に、表通りを歩けば、ロックフェラーの気分♪」
 人生の応援歌です。近年はビールのCMに使われていたような。
 お開きのお見送りにおすすめ♪



もちろん、ほかにも、
「My one and Only Love」「Nearness of you」「Unforgettable」「Night and Day」「For Once in my life」「Almost like being in love」「If I Were a Bell」「I Can't give you anything but love」「Tea for Two(二人でお茶を)」「Love letters」「When you're Smiling(君微笑めば)」「Cheek to Cheek」

などなど、ふさわしい曲はいっぱいあります。

しつこいようですが、「披露宴のBGMはジャズで」と言われたときは、
曲目より雰囲気のことを言われている場合が多いので、曲に指定がなければ、いろいろ取り混ぜて、
「雰囲気よく」盛り上げれるのが大事だと思うので、曲にとらわれる必要はあまりないと思っています。

ちなみに、
どうしても、よく知られている曲をまぜてほしい!
といわれた場合の鉄板3分野は、

ディズニー!(「星に願いを」「美女と野獣」)
映画音楽!(「Over the Rainbow」「Smile」「Moon River」とか。。。)
ボサノバ!

日本の曲でも、「未来予想図」(ドリカム)「Everything」(ミーシャ)「ありがとう」(いきものがたり)とか、いいんだけど、
こういうのはあんまりアレンジしないほうがいいし、
有名すぎて聞き流せないのか、
なぜか場がカジュアルになりすぎる(!)おそれがあるのですよね。

外国語の曲だと、適当に距離感があって、BGMとして聞き流しやすいのか。。。
このへんのことは、ホテルのラウンジで弾いていた頃からの疑問だったのですが、
謎はまだ解けていないので、またの機会に。


とにかく、来る6月に向け、
皆様、生演奏のジャズをサカナに、ぜひ、おしゃれな披露宴をあげてほしいなと思う次第でございます。










 





関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
94位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する