ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

3月のライブスケジュールはコチラ

4月のライブスケジュールはコチラ


先週末は、赤坂の草月ホールで、「東京03」というコントユニットの公演、「図星中の図星」の「悪ふざけ追加公演」に、
Gentle Forest Jazz Bandの一員として参加してきました。

草月ホールにてゲネプロ中
ゲネプロ中のジェントル・久保田氏

3時間近い(しかもほとんどしゃべりっぱなし)公演を2日で3回もやってしまう芸人さんの体力のすごさとか、
回を増すごとにアドリブ度が高くなって、しかも毎回おもしろすぎるとか
(ステージの後ろで笑いすぎて涙していました)
リハから本番までの積み上げの緻密さ、
スタッフさんのチームワークの素晴らしさ、

などなど、
感動ポイントはいっぱいあったのですが、
なによりも、今、旬のお笑いのステージに、こんな大所帯のジャズバンドを呼ぼうと思った人の発想がステキだなあと思いました。

そういえば「全員集合」でも、酔っぱらいの加藤茶さんがゲイスターズのトロンボーンのベルに向かって吐く真似したりして、あのころのバラエティ番組ではフルバンドが当たり前のように出演していましたもんね。
出演してなくても、80年代は「ひょうきん族のテーマ」(東京ユニオン)「クイズ世界まるごとHow Much?」(前田憲男)「ベストテン」(ニューハード)などのビッグバンドによるオリジナルのテーマ音楽がたくさんあったような。
(最近だと「すべらない話」でエリントン使ってましたよねえ。)

三谷幸喜さんも、ビッグバンドのエンディングテーマがつく感じが洋画っぽくてお好きとのことで、映画で多用されていますが(私は「有頂天ホテル」のテーマが好き)、

そう。
ビッグバンドのサウンドがもたらす高揚感、わくわく感、というのが、私も大好きです。
オーケストラのノーブルな高揚感、ロックのパワフルな血の湧き方、とはちょっと違った、
なんかキラキラしたゴージャスなもの、を連想する感じなのです。
ニューヨーク、ロンドンというよりは、ラスベガス、ハリウッド的な。。。
こんないい音楽、ほっとく手はないのになあ、
と思ってたら、今回のこの企画。何度も言うけど、いまどき、これを企画した人、スゴイ!
(打ち上げでも本人に感動を伝えたのですが、単なるミーハーと思われたかも。。。)

というわけで、

ジェントルサックス隊のみなさん
楽屋にて、ジェントルおしゃれサックス隊の皆様。

ほかにも魁!リーゼント・ブラス隊(女子一名含む)とか、
ハットできめるリズムセクション(モヒカン一名含む)とか、写真とりそびれたけれど、あります。
全体のメガネ着用率は61%。
サウンドも、ぜひ、聞いてお確かめください。
(今回の公演はDVDとして発売されるそうです♪)


追記
お笑いナタリーに写真がいっぱいのってました。私は見切れてますけど。。。





関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ライブは行けずにすみませんでした。

ドリフや、その先駆のクレージー・キャッツは、元々がバンドですから音楽ネタは得意ですね。

昔は、確かにビッグバンドはよく出てましたね。生だとMEよりバンドの方が対応しやすいという事もあるかもしれません。サンプリングでSE仕込んでおく、なんて出来ませんでしたから。
今もバラエティ等でよく耳にしますが、インストはMEに使いやすいというのと、こちらが好きだからつい反応してしまうというのはあるかも。でも掛かると単純にうれしいですね。

  • 2012/03/27(火) 22:49:05 |
  • URL |
  • サスケハナ #-
  • [編集]

サスケハナさま

なるほど~。ある意味、結婚式に生演奏いれるのと同じことなのですね。

でもビッグバンドの生は迫力です。
今度はぜひ!生で聴いてください。

もちろん、「Pastis?」もよろしく~e-291


  • 2012/03/30(金) 13:30:49 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2622位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
115位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する