ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

120218_1150~01

パスティスは、もとはアブサンの代用品として開発されたリキュールです。

アブサンという名前のお酒を知ったのは、
モーパッサンの短編「二人の友」というこわ~いお話でした(興味ある人は読んでみてください)。
ニガヨモギという薬草が原料で、19世紀フランスの芸術家に愛飲されていたそうですが、
中毒者が続出したり、幻覚などの危険性があるということでしばらく禁止されていました。

そこで、ニガヨモギを使わずに似たような味のものとして開発されたのが、
パスティス。
「似せる」とか「まがいもの」とかいう意味のフランス語 se pastiser からきた名前です。
ブランドには、ペルノーとか、リカールとかがあります(写真はリカール)。
鈍い緑色の液体ですが、氷を入れるときれいなバナナ色に変わります。
味は、ハーブ系、とでもいいましょうか。

私が今やっているピアノトリオは、
日本の歌謡曲やクラシック、童謡など、有名なメロディを自分なりにアレンジして、
ジャズの形式で聴いてもらおうというコンセプトのものですが、
それはもともと、
ジャズの偉大なミュージシャンたちが、当時の流行歌をアレンジして、
自分たちの音楽として素晴らしいサウンドを作り上げてきた、そのひそみにならうつもりで始めたものでした。

でも、アメリカ人でもなく、本場で勉強してきたわけでもない街場のいちピアニストがジャズを名乗っていいのかな。。。?というニセ者感と、

歌謡曲とかクラシックとか、いいメロディでゲタをはいて
売れ線ねらっているんじゃないの、という胡散臭さ感と、

でも、確実に自分の音楽として感じられるものを積み上げているんだけどな、という実感と、

それら一切が、
「でもパスティスだっておいしいんだし」
と感じたことでなんとなく自分のなかで混ざりあわさったのです。
ニセモノとか代用品だったという歴史はあるものの、今もしかるべき酒屋には存在して、世界中のツウに愛飲されている、コイツにあやかりたい。

というわけで、バンドの名前には、このリキュールの名前をもらって、
「Pastis?(パスティス?)」を名乗らせていただくことにしました。
ポピュラーなメロディをこれでもかと使っているわりには、サウンドにニッチ(すきま)な嗜好がただようあたりも、パスティスの万人受けしなさそうな味(失礼!)に似ているような気がするし。。。



ホントは、一昨年がんばってた6人編成のバンド「Malt Oriental」(東洋のモルト)の名前からとって、
「ピュアモルトならぬ、『ピラニア・モルト』って名前はどうかなあ」
といろんな人に相談したら、「そんなかわいくない名前はダメ」と反対されたからでもあるのですが。

そんなPastis?のサウンドですが、下記のライブでお聴きいただけます。
興味をもたれた方はおでかけください。

2/25(土)
 丸の内マイプラザ サタデーコンサート

 お濠端にたたずむ重厚な明治生命館(1934年築!)&明治安田生命ビルの一画にある、現代建築と歴史的な景観が融合するアトリウムにて、ピアノトリオにてコンサート(エレピです)。
 春の曲を中心に耳なじみのあるメロディを、ジャズにアレンジしてお届けいたします。
 聞いてるとちょっとニヤっとしちゃう感じのサウンドです。
 吹き抜けなので、暖かくしてお出かけください。
 17:00~17:50 無料
 

3/7(水) 
 高田馬場Jazz cafeサニーサイド(03-5272-6119)

 カジュアルでアットホームな雰囲気なので気軽にどうぞ。
 飲んだり、食べたりしながら、
 このトリオのレパートリーを、たっぷり、ゆっくりお楽しみいただけます。
 件のPastisを味わっていただける企画もたくらみ中♪
 
 20:00~(2回ステージ) 
 ¥2500+オーダー 


Pastis?
  廣田ゆり(ピアノ)佐藤有介(ベース) 野村綾乃(ドラムス) 


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
108位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する