ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

「よその土地にも人がいて、憧れてものおもはしげでいるのだらうか」
誰の詩だったか忘れてしまいましたが、折にふれ、心に浮かんでくる一節です。

由紀さおりさんをフィーチャーしているピンク・マティーニの話題のアルバム、聞きました。
相変わらず素敵な声ですねえ。

ピンク・マティーニは
昔タワレコ試聴コーナーに山積みされていたのがきっかけで買ったのですが、
オリジナルもカバーも、いろんな国のフレーバーが混ぜこぜで、
でも全体からみると独自のアレンジでバンドのカラーがあり、
とにかくおしゃれでかっこいい!
ということで、長いことその音楽への取り組み方が私の灯台ともいうべきバンドでした。
(バンドというよりむしろ「楽団」と呼びたい感じ)

私が買ったCDにも、マヒナスターズの「菊千代と申します」という日本語の曲がはいっていたりして、
えええっ?と思ったのですが、
よその国から見ると、日本語のこの響きのエキゾチックさが、音として魅力的なのでしょうね。
ほかにも、英語、フランス語、イタリア語、私にはどこの国のかわからない言葉の歌もはいってて、
でも、意味はわからないけど、音としてとても楽しいのです。

Hang on Little Tomato/Pink Martini
これは、昔買った分。「Hang on Little Tomato」(pink martini)
半ばジャケ買いでしたが。。。




ミュージシャンも、もちろん多国籍、そして、年代もいろいろ。
こんなふうに音楽に取り組めるのは素敵なことだなあと思います。

由紀さおりさんも、日本語のほか、フランス語などでも歌っていて、
もぉ、世界中に聞いてほしい~っ!、ていう歌声です。


ピンク・マティーニの音楽には、
強力なスイング感とか、せめぎあうインプロヴィゼーションの応酬とか、世相のダークサイドを反映するとか、
そういうのはないのですが、
やり方が「ジャズ」だなあと思います。










関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
108位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する