ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

ちょっと過ぎてしまいましたが、9月21日、出会って恋に落ちました...。

あ、私のことじゃないですよ。アース(ウィンド&ファイアー)の「September」の歌詞です。

胸は高鳴り、鐘は鳴り、世界は輝き、ノリノリで踊りまくった挙句、今は12月、愛を再確認すべく、出会いの時を思い出そうとしている、という状況ですが、
ともかく、「9月」に出会った、と。

ジャズでもよく演奏される「September Song」(M. Anderson / Kurt Weill) も、9月に出会う曲です。

1938年、なにかのミュージカルの曲としてつくられたものですが、1950年「旅愁」という映画で使われて、有名になりました。

飛行機のなかで出会った中年男性と若い女性ピアニストが不倫の恋に落ちるというストーリーで、
歌の歌詞もそれにふさわしく、

人生も中盤をすぎ、夏の盛りもすぎた今(9月)、
陽も少しずつ短くなっていく10月、11月、
人生の終盤(12月)に向けて、
この貴重な日々を君とともに過ごしていきたい、

といったしみじみした内容です。
9月から12月の「あ~今年も終わっちゃう」感が、人生とだぶるところ、
そしてセンチメンタルなメロディ(ウディアレンの映画でもよく流れていました)。
9月は「最後の恋」を始める季節なのですねえ。



ところで、日本では、竹内まりやさんが
「セプテンバー そして9月は
 セプテンバー さよならの国」
と歌っています。
新しいところでは、アイコにも失った恋に心を痛める「September」という曲があるようです。

そういえば、日本の若者の間には、夏に恋に落ちて秋に別れるという定番がありましたっけ。





関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
27位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する