ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

 ホーギー・カーマイケルといえば、「Star Dust」「Georgia on my mind」「Nearness of you」「Sky Lark」など数々の名曲の生みの親として有名ですが、彼のあまり知られていない陰の名作に「Two sleepy people」(眠たいふたり)というのがあります。

 初めて聞いたのは10年以上前、宮崎有加嬢の歌だったのですが、あまりにいい歌なので、黒船ちゃんにもお願いして歌ってもらったことがあります。

内容は(ちょっとフィクション混ざります)...。
ある老夫婦が炉端で昔話。

「昔はよくダンスにいったものよね」
「帰りに家まで送っていくと、君のパパは怖くって」
「でもおやすみなさいって言うのが名残り惜しくて、玄関先でずっとうろうろしてたのよね。眠いのをがまんして」
「結婚したのは秋だったよね」
なんて、言っていて。

 今は二人とも人生の黄昏にさしかかって「眠る」時間がとっくにきているのに、でもまだ「お別れするのが名残り惜しくて一緒にいたい」ので、眠るのをがまんしている、という、歌詞なのです(私が思うに)。

 曲もいいんですが、この歌詞、どうですか?

 なかなか歌っている人がいなくて、私は、やっとファッツ・ワラーが小粋に歌っているヴァージョンをみつけて宝にしています。実はこの曲は、ボブ・ホープの映画の挿入歌で、もとは単なるラブラブのカップルの歌らしいのですが、ファッツ・ワラーのダミ声で聴くとあら不思議。私には上記のような内容に聞こえるんです。
 映画の中ではどんな使われ方をしてたんでしょう。知りたいなあ。
 

 ところで、ハンガリーの映画「人生に乾杯!」というのを十条のシネマカフェで見ました。
この歌を彷彿させる内容です。

 60年前、社会党の秘密諜報機関の「手入れ」がきっかけで、党の運転手だった「彼」と伯爵令嬢だった「彼女」が運命的な恋に落ち、二人は結婚、幸せに暮らしましたとさ...。というおとぎ話のような出会いだったはずが、81歳と70歳になった今は二人とも、インフレのおかげで二束三文となった年金で家賃も払えない貧乏くらし。
 
 一念発起したギックリ腰の亭主が、華麗なドライビング・テクニックで諜報機関時代の名車「チャイカ」を操り、二人は強盗(!)の旅にでる...。

 というロードムービーなのですが、強盗系ロードムービー「ボニーとクライド」「明日に向かって撃て!」などの定番のラストとはちょっと違うエンディングでした。私は、好きだったなあ、この映画。ミニシアター系が好きな方にはおすすめです。


 もひとつ「ところで」
 一字違いで「人生に乾杯を!」というタイトルだと、銀星楽団時代何回か対バンをさせてもらった「コーヒーカラー」というバンドの代表曲の名前になります。これもいい曲なんですよ~♪

 
 
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/02/09(火) 06:21:52 |
  • |
  • #
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/02/09(火) 06:26:56 |
  • |
  • #
  • [編集]

発見

あー、ゆりさん発見。
とってもお久しぶりですv-10
お元気ですか?
ランキング見てたら上位にいたので見つけちゃいましたー。
あすかのブログもよかったら覗いてやって下さいv-238

  • 2010/02/11(木) 22:17:35 |
  • URL |
  • あすか #-
  • [編集]

おぉ、おひさしぶり~

ホントだ、あすかちゃん、お久しぶりです。タイコの方はもうやらないの?

ブログのスタンダード歌詞解説コーナー、いいですね。私もMCのネタに勉強させていただきますね~。

またどこかのライブに遊びにおいでね~♪

  • 2010/02/12(金) 00:31:57 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3067位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
131位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する