ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

iwashi shou


たまにはデカ写真も。
昨日いわさきちひろ美術館にいって来たのですが、その帰りに撮ってみました。空が大きくて、練馬区、いいところだなあ。
いわし雲、ひさしぶりに見ました。

私は秋に曲ができやすいのですが、秋のイメージは空が高い、空気がきれい、です。
スタンダードナンバー「晴れた日に永遠がみえる」(いいタイトルだなあ)のイメージは、昔は夏だったんだけど、最近は秋とか冬の、天の恵みのように晴れた日、にふと頭の中に流れたりするようになりました。

...と、この曲をやったわけではないのですが、月曜日の二子玉川LIALEH(ライラ)でのトリオライブ、ご来場くださったみなさん、ありがとうございました。差し入れなどくださった方もいて、うれしかったなあ。
(ちなみに「ライラ」は、ヘブライ語で「夜」という意味なんだそうです。私はてっきり女性の名前かと思ってました。。。)

セットリストです。
1st
①April Shower
②Modern Times
③Sieste
④海流のなかの島々
⑤Cinq

2nd
①The Drunken Penguin(Bent Fabric)
②月の砂漠(小学唱歌)
③Small ’C’(田嶋真佐雄)
④側道注意
⑤11月
(アンコール Arabesque)

このトリオのライブは、次回は高田馬場サニーサイドにて、12/28(月)です。
またグレードアップしてお届けしたいと思いますので、お楽しみに!



nakazawa illustration
お客様の中澤さんが描いてくださったライブのイラスト。セカンドセットの間に仕上げてくださいました。スゴイ!





関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
58位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する