ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

今週はちょっと美術づいています。美術展2件いってきました。ひとつは、渋谷BUNKAMURAでやっているポーラ美術館の印象派絵画展、もうひとつは銀座松屋でやっている「ミヒャエル・ゾーヴァの世界展」です。両方おすすめですよ!

ポーラ美術館の方は、目玉がルノアールの少女像なのですが、初々しい美しさが匂いたつような素晴らしい作品でした。で、それを見ながらふと思い出したのは「青い小魚」。

私の実家にはルノアールの複製画があり、私が子どもの頃にはピアノの上にそれがかかっていたので、よく眺めた覚えがあるのですが、いつも不思議に思っていたのは、「なんであの子は頭にサカナをくっつけているのだろう?」

件の絵画は「青いリボンをした髪の長い少女像」(正確なタイトルは知らないのですが)で、おそらく3人の娘をもつ私の両親が「女の子らしく育ってほしい」という思いをこめて飾っていたと思われるのですが、私には女の子の頭の青いリボンがどうしてもサカナにしかみえず、その不可思議ばかりが気になってしまい、だから今でもルノアールの少女像をみると、なぜか「青い小魚」を思い出すし、逆に「青い小魚(ウメイロモドキとか?)をみると、ルノアールを思い出すのです。両親の狙いとは若干ずれたスリコミがされちゃったわけです。

それで思いだしたのですが、もうひとつ、子どもの頃にやった勘違い。
 「はなのすきなうし」というスペインの絵本があるのですが、その冒頭で「はなのすきなうしはコルクの木の下で昼寝をするのがだいすきでした」というシーンがあって、ワインのコルクが鈴なりになっている樹の下で牛が寝ている絵がついていました。まあ、冗談で書かれた絵だったと思うのですが、私はコルクというのはその絵に書かれたとおり、ワインの栓の形で木に実るものだとつい最近まで本気で信じていたのです。絵本の教育効果(?)は侮れません。

今日見たドイツの絵本作家のミヒャエル・ゾーヴァの原画展は、そういう意味では「おいっっっ」とつっこみたくなるような絵で一杯でした。うさぎの王子様が「ヒョウがら」のパンツはいているし、ペンギンは空を飛ぶし、ブタは走り幅跳びが得意だし....。今になってみると、ホントのことが書いてあるより、そっちの方が楽しいけど。

他にも、「空耳シリーズ」で、有名な歌の一節を聞き間違えたとおり絵画化したものなどは、ドイツの歌だから元ネタは不明だけどかなりシュールな世界でした。これってつまり「うさぎ美味し」とか「眠る杯」(BY 向田邦子)とか「重いコンダラ」とか、そういうことなんですよね.....?
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

「はなのすきなうし」って、ディズニーの短編の「牡牛のフェルディナンド」の原作ですな。

  • 2006/02/10(金) 22:03:25 |
  • URL |
  • サスケハナ #-
  • [編集]

サスケハナさん、ようこそ!

えっ!あれってディズニーアニメになっているの....?でもまさかディズニーではあんなシュールなコルクの木は出てこないのでは.....?
 私が読んだのは、あのものまねこざるのジョージの本のシリーズと同じ、小さめの薄い、ホラ、あのシリーズの本なのですが....。

 ディズニー。さがしてみようかな。

 

  • 2006/02/12(日) 01:37:40 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]

1938年の短編ですからね。コルクの木は観てのお楽しみ。
最近では以下のタイトルに入ってるようです。

DVD とっておきの物語/三匹のこぶた VWDS-4742
VHS アカデミー賞短編集

短編だと、長編のオマケにくっついて入ってたり、
短編集でも商品名を変えてたびたび再発したりとややこしいので、
レンタル屋だとこまめに探さないと見つけにくいと思います。
このへんの商売の仕方がいやらしいんだよなー。

  • 2006/02/15(水) 09:05:07 |
  • URL |
  • サスケハナ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1044位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
51位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する