ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

 ボーカルのくどうりょうこちゃんが貸してくれたので、久しぶりに名画「風と共に去りぬ」を見ました。なぜ今コレなのかというと、この映画には、カーテンですばらしい深緑色のドレスをつくってしまうシーンがあって、これがなぜかいたく女心をくすぐるのよね...という話で先日仕事の休憩時間に盛り上がったからなのです。

 ミュージシャンの人が打ち合わせしている姿ってカッコイイ、とお客様に言われたことがありましたが、話している内容なんて、ハイ、意外にこんなものです...。
 でも、くどちゃん、私、発見しました。「サウンド・オブ・ミュージック」でもカーテンで子供服つくってましたよ。さて、どの歌のとこでしょうか。見てみてね。

 今回「風と共に去りぬ」を見て、気がついたこと。
 この映画の前半は、今まで守られてばかりで、それを当然だと思っていた女の子が、突如守る側に成長するお話、なのですね。前半の最後で、タラの土を握り締めて「神様、あたしは負けません...!」(ここは私、じゃなくて、あたし、だと思う)、とスカーレットが誓うシーンは、そう思って見たら、今回一番感動的なシーンでした。

 考えてみれば、昔早婚だった頃の女性は、最初の子どもが生まれた瞬間に自動的に「守る側」にシフトしていたわけですが、現代の女性は、スカーレットのように、初めての子どもができる前に「神様、あたしは負けません...!」、と誓わざるをえない状況になることも多いのかもしれません。そのきっかけはみんなどんなことだったのでしょうか。私はこれから「守る側」になったんだわ、と自覚することになるきっかけって。。
 そういえばユーミンに「守ってあげたい」という名曲もありましたねえ。

 最近ケーブルテレビで「幸福な食卓」というのを見ましたが、これもおんなじ目で見ると、ホント切ない映画です。しかも主人公は中学生(ラストは高校生だけど)の女の子なのでよけい。

 ちなみに最近私は日本映画がツボです。大当たりだったのは、「めがね」、「かもめ食堂」、「間宮兄弟」、「転々」などです。
 「転々」では「亡き王女のためのパヴァーヌ」が出てくるのですが、これは、銀星楽団でも最近カバーしているモーリス・ラヴェルの名曲です。

 ....というわけで、やや強引ですが、話変わって、CD「黒船レディと銀星楽団」、快調です。
 連休中に新宿のタワレコをのぞいたら「休日音楽」というコーナーで試聴機にいれていただいていました。ビョークと同じコーナーにおいてあるなんて、あるなんて。それから、渋谷タワレコのJ-Popコーナー、渋谷HMVのジャズコーナーでもご試聴いただけます。渋谷方面はもう一軒、原宿のHi-Fi Record Storeというところでも大事にしてもらっています。
 できるだけ、いろんな人に聞いてもらえるといいな。

 皆さん、CDショップの人に「黒船レディと銀星楽団ありますか?」ってどしどし聞いてしまってください。見つからなかったら、「なんで!なんで入って無いんですか」って言っちゃってください。
気の長いお優しい方はご注文してやってください。
 どうぞよろしくお願いいたします!!

 今回は、しかし、失礼...一貫性ない文章でした。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ヒロタさん、こんばんは~(おはよ?)!
ちょっと覗くのさぼっていた間に名指しされていたとはッ。笑

え~っ、さうんどおぶみうじっく~?何か月か前に見たんだけどどこでしたっけ…。あわあわ。どーは女の子の仔鹿(ディア)のどー♪の歌かな?デビュー発表会のために確かおソロをこさえるんでしたヨね???あれー?

しかし「風とともに去りぬ」は私も今回しみじみ我ながら大人になったことヨと感慨深かったです。レッド・バトラーに哀愁を感じるとは。そしてやはりヒロタさんのいうとおり、タラの地に生を誓う場面は圧巻ですね。アイルランド移民と土地、というのもキーワードだと思いますが…。。。

でもヒロタさん、ネタばらししたわね、「打ち合わせ」の。私の場合は圧倒的に「どこそこのなにがうまかった」が多いです。笑

ついつい長々書き込み失礼しました~!うれひくて。^^
ではではまた!

  • 2008/05/21(水) 00:36:34 |
  • URL |
  • くど #-
  • [編集]

サウンド・オブ・ミュージックのカーテン服

ふふ~。ここで正解を書こうかと思ったんだけど、きっと誰かが書き込んでくれるんじゃないかと思うので、もうちょっと待とうかなあ。モトム、正解者...。

くどちゃん、7月23日のカスターもよろしくね~♪

  • 2008/05/21(水) 22:49:48 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]

それから

「アイルランド移民と土地」についても今度教えてね!

  • 2008/05/21(水) 22:50:55 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]

答えが知りたひ。

あれ~、どなたか、ご解答を! 
なんて。^^;

7月にまたヒロタさんとご一緒できるんですね、うれしい!
こちらこそよろしくお願いいたしまーす。
アイルランド移民と土地はね、…月末に。ニヤ。

  • 2008/05/24(土) 15:20:48 |
  • URL |
  • くど #-
  • [編集]

「サウンド・オブ・ミュージック」
ビデオあるけど、あえて(面倒くさいっても)見ないで回答。
服作るときに歌ってましたっけ~?
遊び着として作るので、着て歌うのは、あの「ドレミの歌」なんですよね。
作るときは「マイ・フェイバリット・シングス」だったかな~?。
子供たちがそれぞれお気に入りを歌うんだっけかな?その後カミナリなるんでしたっけ?
違ってたらすいません。

  • 2008/05/28(水) 20:46:17 |
  • URL |
  • サスケハナ #qsvP4ThM
  • [編集]

さすがです。

サスケハナさん、ほぼ正解!

私も実は過去の記憶をたどってのことなのですが、確か、
1.カミナリにおびえた子どもたちが、主人公の部屋に飛び込んでくる。
2.「マイ・フェバリット・シングス」でなだめる
3.厳しい父ちゃんに叱られて子どもたちは部屋に帰り、主人公が「子どもたちに動きやすい服をつくりたいのですが、布を買わせてください」とお願いしてことわられる。
4.がっかりする主人公。でも落ち込んだときにはこの歌よ、ということで、再び「マイ・フェバリット・シングス」
5.唄っているうちにカーテンに気がつき、カーテンにほおずりしながらその場面は終了
6.場面切り替わってピクニック場面。みんなカーテンでできた服を着ている。ドレミの歌を歌う。

という順番だったと思いました。
 他にも、ライブに来てくれたついでに「アレはあの場面でしょ?」と、回答くださった皆様、どうもありがとうございました。こんな話に付き合ってくれて、うれしうございます。

 ふと気がつくと、主人公の名前を思い出せないの。でもカーテンは覚えてるなんて...。記憶ってどんなもんなんでしょうか。

  • 2008/05/30(金) 12:25:29 |
  • URL |
  • ヒロタ #-
  • [編集]

マリア~、マリア~、マリア~ッ♪

サスケハナさん、ヒロタさん、ありがとうございます!
これで今夜は眠れます…。うふふ。

  • 2008/05/30(金) 23:39:34 |
  • URL |
  • くど #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
144位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する