ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

テレビでみた「洋服の青山」のコマーシャル。
店舗地図が放映されていて、あ、これって今は割と珍しいことだなあ、と思って見てたら、目印になっているよその店舗名に「さん」がついていました。「ローソンさん」とか、「ゴルフグッズの○○さん」とか。

OL時代、よその会社などに電話すると、最初は相手の会社を「御社(おんしゃ)」(スゴい言葉だ)と呼んでいて、担当者と仲良くなってくだけてくると、「○○銀行さんは、」とか「さん」づけで呼んだりしていたものですが、地図にも「さん」づけっていうのは、なんだかほほえましいような、丁寧すぎのような...?
 でも「青山さん」のその該当店舗のスタッフにしてみれば、近所の付き合いのあるお店で、ふだん買い物もしているかもしれないし、呼び捨てにするなんてめっそうもない...という気持ちが地図上の「さん」づけにつながったのでしょうね。
 どこまで「さん」をつけるのか、その線引きがむずかしい...。

としばらく悩んで思い出したこと。
それこそ「御社」時代にジャズピアノを教わっていた師匠に
「テレビでナベサダ見たんですよ。好きです~」と話したら、
「ああ、貞夫さんはゴキゲンだよね」
と返されて、やや気まずいような、でもその言い方めちゃめちゃカッコいいなあ、と思った覚えが。

でも、すぐに自分が「貞夫さん」と呼ぶのも逆に恥ずかしいなあと思ったから、直さなかったけど。

今はまわりのミュージシャンはみな「日野さん」「貞夫さん」と呼ぶ人ばかりで、私も、「彼は日野さんのとこでボーヤやってたらしいよ~」とか当たり前に使ってたりします。
 いえ、別に私がグレイトな人に近づいたわけじゃなくて、たぶん業界の「内側」にいるってことなんだと思います。意識が変わったっていうか。

 そういえば、昔ジャズ研にいたときも、
私「ソニーリンズっていいですね」
先輩「ロリンズは最高だよ」
(イントネーションの違いを大文字で表現してみました)
私「(真似して)あ、トランペットだったらデイヴィスも好きです。」
先輩「誰だよそれ」
ということがありました。
 詳しくなるとイントネーションが変わるばかりか、ロリンズは苗字で呼ぶけどイルスはファーストネームで呼ぶ、などの、業界(この場合はジャズファン業界)の独特の作法がここにも...。


たぶん、言語関係の勉強をしてたんで、こういうことに妙に神経質だったんだと思うのですが、そこでまじめに学問に目覚めていたら案外面白い研究ができていたかもしれません。

ちなみに、今だからいうけど、「おんしゃ」ってヘンな言葉だと思う。私はキライ。


スポンサーサイト
このページのトップへ
 先日からお知らせし続けてきた「黒船レディと銀星楽団」活動休止前のライブ@Jz Bratですが、予約で満席となってしまいました。直前に予約...と思ってくださってた方、スミマセン。

詳しくは黒船ちゃんのブログから転載いたします。↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

緊急報告、満席で申し訳ございません!
本日は、取り急ぎ緊急のご報告のみでスミマセン!
11月6日のお休み前最後のライブ@渋谷JZ Bratの予約が、
昨日24日にて満席となり、只今キャンセル待ちの状態になっております。

沢山のご予約、お問い合わせ本当にありがとうございます。
しかしお店のキャパシティ、また全着席での会場設定のために
お問い合わせいただきました全てのお客様のお席をご用意できませんでしたことを深くお詫び申し上げますと共に、どうかご理解ご了承いただけますようお願いいたします。
本当に申し訳ございません。

只今キャンセル待ちとなってしまいましたが、それでもお問い合わせくださいます方には
引き続き JZ Brat 予約受付にて承っておりますので、ご連絡お待ち申し上げます。
予約お問い合わせ TEL:03-5728-0168
             E-mail :info@jzbrat.com


みなさまの温かく心強い応援に、メンバー一同心から感謝いたします。

このページのトップへ
iwashi shou


たまにはデカ写真も。
昨日いわさきちひろ美術館にいって来たのですが、その帰りに撮ってみました。空が大きくて、練馬区、いいところだなあ。
いわし雲、ひさしぶりに見ました。

私は秋に曲ができやすいのですが、秋のイメージは空が高い、空気がきれい、です。
スタンダードナンバー「晴れた日に永遠がみえる」(いいタイトルだなあ)のイメージは、昔は夏だったんだけど、最近は秋とか冬の、天の恵みのように晴れた日、にふと頭の中に流れたりするようになりました。

...と、この曲をやったわけではないのですが、月曜日の二子玉川LIALEH(ライラ)でのトリオライブ、ご来場くださったみなさん、ありがとうございました。差し入れなどくださった方もいて、うれしかったなあ。
(ちなみに「ライラ」は、ヘブライ語で「夜」という意味なんだそうです。私はてっきり女性の名前かと思ってました。。。)

セットリストです。
1st
①April Shower
②Modern Times
③Sieste
④海流のなかの島々
⑤Cinq

2nd
①The Drunken Penguin(Bent Fabric)
②月の砂漠(小学唱歌)
③Small ’C’(田嶋真佐雄)
④側道注意
⑤11月
(アンコール Arabesque)

このトリオのライブは、次回は高田馬場サニーサイドにて、12/28(月)です。
またグレードアップしてお届けしたいと思いますので、お楽しみに!



nakazawa illustration
お客様の中澤さんが描いてくださったライブのイラスト。セカンドセットの間に仕上げてくださいました。スゴイ!





このページのトップへ
yorusakuhana

「暗いとこでもよく撮れるんですよぉ~」

のセールストークにほだされて、自分的には今までで一番高価(といっても世間的には普通だと思いますが)な携帯に機種変更しました。

うれしくてばちばち撮りまくってるんだけど、なかなかライトつける状況とかタイミングとかがつかめなくて今のところまだ成果はブレブレ、ぼけぼけです。そのうち、ヨソのブログみたいにカッコいい写真、いっぱい載せられるようになりたいなあ。

 週明けイキナリですが、明日は、二子玉川ライラにて、オリジナル曲中心にお届けするトリオをいたします。ぜひぜひ一杯飲りがてら、いらしてくださいませ!

10/19(月)二子玉川 Bar LIALEH(ライラ) (03-5491-1951)
  オリジナル曲をやるトリオで出演します。ぜひぜひ「投げて」やってください!
  19:30開場~  20:00開始~(2ステージ)  
 テーブルチャージ\500+投げ銭※小さなお店なので、ご予約はお早めに!
  田嶋真佐雄(ベース) 中屋啓之(ドラムス)






このページのトップへ
 最近の疑問。
 男性が女性に捧げた曲は数多いが、女性が男性に捧げた曲で、タイトルに名前が入っている曲はない。。。のはナゼ?


 先日ラーシュ・ヤンソンのライブを見に行ってきたのですが、その時、「かわいいかわいい孫娘の曲をつくりました♪」ということで、「ヒルダ」という、それはそれは美しい曲を演っていました。

 そういえば女性の名前がタイトルについた曲って、いい曲が多いのよね。
「Emily」(Johnny Mandel)、
「Waltz for Debby」(Bill Evans)、
「Miyako」「Ana Maria」(Wayne Shorter)、
「Dindi」(Antonio Carlos Jobin)、
「Naima」(John Coltrane)
「Rosetta」(Fats Waller)

ジャズにかぎらなくても「いとしのレイラ」とか「Michelle」とか「Tammy」、邦楽だったら「メリージェーン」とかサチコとかジュンコとかいろいろあった気がします。

 じゃあ、男名前がついたものは???
「I remember Clifford」(Benny Golson)
「Mr.P.C」(John Coltrane)
「James」(Pat Metheny)
「Bud Powel」(Chick Corea)
「Sir.Duke」(Stevie Wonder)

あ、でもコレって、全部男が尊敬する男ミュージシャンに捧げた「トリビュート」曲ばかりだ...。
こういうのなら、女性ミュージシャンでもつくっていそう。


ではトリビュートじゃない男名前曲は...?
「Johnny B. Good」(Chuck Berry)
「Mack the Knife」(Kurt Weill)
「Mr.Bojangles」(Jerry Jeff Walker)
「箱根八里の半次郎」(氷川きよし)

う~ん。どれも男が男のことをうたったものばかりですね。
しかも、この4曲は、なんというか、伝承系というか、物語系の内容というか、とにかく、恋人に捧げる、とは全然違う分野のものですよね。

女性ミュージシャンによる、パーソナルな男性(フィクションでもいいから)に捧げた曲でタイトルに名前がはいっている、っていうのはないんだろうか?
「○○(名前)はかっこよくてやさしくて、ステキなの~♪」的なやつ。

この疑問を何人かのまわりのミュージシャンにぶつけてみたら、
「女性にはそういう、あふれる想いを形のないものに託す、っていうロマンがないんじゃないですか?」とベーシストS氏。

いや、そんなことはないんですが、あふれる想いくらいもったことはありますが、私だって誰かに曲をプレゼントしたことはありますが、

「じゃあその時のタイトルはなんだったんですか?」
「パンプキンワルツ」
「??」
「一緒に『ほうとう』を食べたのがとても楽しかったので、それを曲にしました。」

というわけで、タイトルに相手の名前をつけようとはみじんも思わなかったのです。
...というか、曲をつくっているヒマに、おいしいもの作って食べさせてあげたほうがいいんじゃないかと、その時は思ってたのですよね。

 私の例はおいといても、では世の女性ミュージシャンはなぜ、身近な男性に捧げる、男性の名前のタイトルの曲をつくらないのか、理由を考えてみました。

①そもそも女性の「作曲家」が少ない。
②女性ミュージシャンは、男性の影がチラつくと人気にかかわるから、自粛している。
③女性はメンタル的にそういうことはしない生き物だ。
④ホントは該当曲はたくさん存在するんだけど、私が知らないだけ。

①は、昔ならいざ知らず、今はたくさんいると思うので除外(ただし、スタンダードジャズの世界には少ないのは確かですよね)。

②は、これは、つまんない理由だけど、案外ありそうな気がします。

③は、S氏の説ともちょっとつながりますが。
 たとえば、女性ジャズ・ベーシストは結構いるのに、女性ジャズ・ギタリストが思いきりレアである、というのと同じで、具体的な理由は謎だけど、女性にはなぜか敬遠される(というかやりたがらない)ことのひとつだ、ということなのかも。
 自分のことをふりかえって考えると、そういう曲をつくったとしても、それを仕事の現場にもっていって、まわりのミュージシャンに譜面を配ることを考えただけで...もう恥ずかしくて演奏できないなあ。


④は、ぜひ、誰か知ってたら教えてください。J Popとかに意外にありそうな気はしているんですが、ほとんど知らない世界なので...。
 トリビュート系じゃなくて、身近な男性に捧げる男名前の曲ですよ~?

 もしくは、「オレは自分の名前が入った曲を捧げられたことがある」という体験談のある方、こっそりお話を聞かせてください。たぶんないと思いますが。

 




このページのトップへ
歌詞の内容を説明しようとすると思わず涙がでてしまう曲ランキング。

第一位  Tie a yellow ribbon round the old oak tree(by Irwin Levine and L. Russell Brown)
 「幸せの黄色いハンカチ」のタイトルで山田洋次さんが映画化していますが、これは洋モノの曲のほうの話です。映像化、という意味では、昔、三原順さんというマンガ家さんが描いたものの方が原曲に近い気がしました。

第二位 Mr.Bojangles(by Jerry Jeff Walker )

第三位 I Remeber you(by Victor Schertzinger )


どれもほんとに泣けてしまうので、普段ナマ身の私に説明しろとかいわないでほしいのですが、とりあえず、本日は、第二位「ミスター・ボージャングルス」。

いろいろな人が歌っている名曲ですが、私がいちばん印象が強いのはサミー・デーヴィスJR.です。

歌詞は、刑務所で出会った老人のタップダンサーの話。

「そのとき落ち込んでいた僕に彼は人生を語った。
 彼は膝をたたいて笑い、ステップを踏んで見せた。」

人生を語った、というくだりでは、人生論的なことはなにひとつなく、「15年間一緒だった飼い犬が死んだことが、20年たった今でも悲しい」とか、「今でも頼まれれば酒場とかでも踊るよ」、とかそういう話です。

それでも、主人公の「僕」やまわりのみんなが、
「Mr.ボージャングルス、踊ってみせてよ」
と頼むほど、彼のステップや跳躍は今でも魅力的で、何かを語って見せているらしい、という歌です。

酒癖が悪くて、今では大半の時を刑務所で過ごしている彼の、それでもその踊りが、まわりの人々に何かを伝えている、心をひきつけている、というのが、いいんですよね。



ところで、銀星楽団に私が書いた曲で「Bandoneon」という曲があるのですが、黒船レディちゃんがつけてくれた歌詞を読んだとき、この、「Mr.Bojangles」を思い出しました。

「ねえ君が知ってること
たくさんの不思議な世界
昔のようにきかせてほしい
これからもずっと」
(『Bandoneon』 by 黒船レディと銀星楽団)

 彼女は彼女なりの思いがあって書いた歌詞らしかったのですが、私には、老人のタップダンサーの跳躍が刑務所の若い衆の心に虹を映し出している情景が目に浮かびました。

 なんでこんな話になったかというと、先日某所で、ある人と黒船ちゃんと3人で「Bandoneon」の話をしてたら、「そういえば、ユリさん、この歌詞で『Mr.ボージャングル』を思い出したって言ってましたよねえ」と黒船ちゃんが言ったもんだから。。。
 で、歌詞を説明しようとして、また私は声がかすれてしまいました。
 「Mr.Bojangles」、いい曲なんですよ~。
  このページのトップへ

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

09月 « 2009年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
70位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する