ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

rolling lily

7/19(土)、阿佐ヶ谷のバルトライブから発売開始しました、私のミニCDです。
かわいいジャケ、お披露目です(イラスト&デザインはKrazy Katzこと菅野一成氏)。
税込定価700円でございます。

曲目は
1.fun time!(オリジナル)
2.君の瞳に恋してる(Can’t take my eyes off of you)
3.トルコ行進曲
4.Logical Lloyd Rag(オリジナル)

1は連弾、2、3、4はピアノDUOのアレンジになっています。
ピアノロールってなに・・・?
っていう方も、たぶん聞けば「ああ、コレですね。」って納得していただけると思います。

でも逆にピアノロールマニアな方には、「なんじゃそれ」って部分もはいっています。
その部分は、きっと私がどうしてもそうしたかった部分です。

Happyで人なつこい音楽なので、
通勤やドライブのお供に、おそうじや料理のお供に、ビンゴ大会のお供にどうぞ。

前回の説明があまりに抽象的だったんで、今回はちょっと具体的に宣伝してみました♪

スポンサーサイト
このページのトップへ
最近の発見。

「アメリカンパトロール」をマイナーで唄うと、「泳げ!たいやきくん」になる。
・・・と思うんだけど、まわりのミュージシャンのみなさんの反応は割と冷たいです。

大発見だと思ったんだけど。

業務連絡です。
クワズイモをご希望くださったUさん、何度かメール送ってるんですが、届いていますか?
届いていないようでしたら、ご連絡ください~。 このページのトップへ
 思いきり個人的な話ですが、私は7/16生まれです。ちょっといろいろあって忘れていたけど、ある方が早めのプレゼントくださって、思い出しました。おお、もう今週ではないですか。

 あ、プレゼントの催促じゃあないですよ~、念のため。

 今年はそれで、自分で自分にプレゼントを贈るつもりで、ミニCDをつくってみました。
 サイズは普通なんですけど、中身が7分半という短さで。

 でも、とても自分らしい内容のものだと思っています。

 タイトルは「the Rolling Lily~リリー婦人の7分半ピアノロール」
 ピアノロールスタイルの演奏が4曲(カバー2曲オリジナル2曲)はいっています。

 ピアノロールとは、ガーシュインとかあれくらいの時代、録音物がまだ手軽に普及していなかった時代、オルゴールの原理でブツブツのついた紙ロールをピアノに仕込んで鳴らしたというもので、まあ、早く言えば無声コメディ映画の音楽みたいなやつです。ラグタイムっぽい感じのものが多いです。

 小学生の時、テレビCMでガーシュインの「スワニー」のピアノロールを聴いて、私が弾きたいのはコレだ~、と感動し、なけなしの小遣いをはたいてスタンダードジャズのピアノ曲集(二段譜)を買ったのですが、弾いてみたら全然違ったのでがっかりしたことがあります。

 そのあと映画「スティング」をみて、コレ、ちょっと似ているかもしれない、と思って友達に譜面もらって、当時習っていたピアノの先生(もちろんクラシック)に無理やりお願いして稽古つけてもらったり...(音楽はスコット・ジョプリンのラグタイムでした)。

 そんなこんなで月日は流れ、最近またひょんなことからピアノロール熱が復活しました。
 今回つくったのはピアノ二重奏と、ピアノ連弾です。
 一人二役で、ピアノIとIIを担当して、うちのエレピでコツコツ録音しました。
 エレピですが、アレンジには相当凝りました。ですんで、音密度は高いですよ~。
  

 キャッチコピーを考えるなら、
 「器量の悪い犬にキャンキャンなつかれている的シアワセ」
(カフェアプレミディ橋本徹さんの「午後のコーヒー的シアワセ」にならってみました)

信楽焼のたぬき
犬の画像がなかったので、とりあえず代打です。


 そんな内容です。
 わかんないですね。

 アメリカ製の古いアニメみていると、主人公だけじゃなく、まわりの花と かイスとか時計とかまでが生き物化して、一緒にコーラスしたり、時にはとんかちもって「カーン」とか敵をなぐったりしますが、そういう感じ...。

 妙でうさんくさくて、でもかわいい。

 目の周りに青タンみたいなぶちのはいった、器量の悪い犬にものすごくなつかれたときの困ったような、でも「よしよし、ホントにブサイクなんだからぁ~♪」っと抱きしめたくなるような気持ちを表現できてたら、いいな。

 。。。と長くなってしまいましたが、
 7/18(土)、阿佐ヶ谷バルトでの銀星楽団ライブから、販売開始します。 
 上記の説明でわかんないけど興味を持ってくださった方は、買ってくださいませ。
 フツウのライブ現場では、「『リリー婦人』買います」とこっそりご用命ください。

 7分半なので、定価700円です。
 お誕生日を祝ってくださる方は、「釣りはいらねえ」との言葉を贈ってくださいませ。
 あ、いえ、もちろん、お釣りはたくさん用意していきますのでご遠慮なく~。

 ちなみにジャケは、去年出した銀星楽団のCDのジャケを描いてくれた、菅野一成Krazy Katz氏によるものです。これが、ふふふ、イイんだぞ~。




 
 
 
 

 
  このページのトップへ
クワズイモのつゆ

 今日(もう昨日?)は七夕でした。サトイモの葉においたつゆで墨をすって短冊を書くと願いごとがかなうとかかなわないとか。

 先日ここで募集したうちの観葉植物「クワズイモ」の里親ですが、無事、全員分みつかりました。まだお届けしていない分もありますが、届けるまでしっかり面倒みてますのでご安心ください。
 引き受けてくださった方、ありがとうございます。

 某氏が、「せっかくもらったんだから名前つけなきゃ」というので、「イモ子でどうだ」といったら、「それ、男じゃないですか」と却下されました。

 湿気のおかげでイモの葉っぱは元気ですが、私はちょっとダウン気味です。早く梅雨があけるといいな。


 
このページのトップへ

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズピアニストとして都内ライブハウスに出演しつつも、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、エキゾな「モスランズ」、ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のCD、ライブに参加するなど、
    ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

      現在はバイオリンとコンガを主軸としたライブシリーズ「超素敵音楽会〜月夜の散歩」が好評。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリ~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。古い洋館めぐり。お茶を飲むこと。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

06月 « 2009年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
80位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する