FC2ブログ

ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

10月のスケジュールはコチラ

廣田ゆり2018.10.3

縮毛矯正をしに美容院に行ったんですが、
説得されて、逆にチリチリパーマをかけました。
美容師さんいわく、「ほら、イタリア人みたいだろ〜
これからの芸名は、ナポリタン・リリィにしようかな?

いえいえ。
ご好評いただいたジャングル・リリイ・トリオ第二弾です。
ちょっとトロピカル、ちょっとエキゾ風味なスイングサウンドが帰ってまいります。
今回は11月の昼間に開催いたします。
遊びに来てね。

11月17日(土)ジャングル・リリィ・トリオ再び
  場所:高田馬場サニーサイド(03-5272-6119)

  メンバー廣田ゆり(ピアノ)玉木勝(ベース)伊達弦(コンガ)
  13:30開場
  14時開演(2セット)
  ¥3000(小学生以下無料)+オーダー

 ご予約は、サニーサイドまたは廣田までどうぞ♪

ジャングル・リリィ・トリオ3





  













スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

このページのトップへ
9月のスケジュールはコチラ

10月のスケジュールはコチラ

New!
11/17(土)昼 高田馬場サニーサイド ♪Jungle Lily Trio♪


IMG_0052.jpg


わかってもらいにくい趣味だとは思うんですが、
最近ハマっているのは、
自転車による「地蔵」チェック。

ここ2年ほどは、「暗渠」めぐりがマイブームで、
私の23区地図は、暗渠をたどったブルーラインが各ページ交錯し、
パリに行ってまでも暗渠チェックをしてしまうほどのマニアぶりにめでたく成長しましたが、

それに加えて、またひとつ。

蛇行している細道
突然1本だけ現れる高い木立、
古い商店街、
暗渠近くの谷筋の道
などを好物として輪行していると、
なぜか頻繁に、お地蔵様や庚申塚、小さなお稲荷様などに出くわすので、
ここ半年、そのチェックを始めてみました。

ロケーションとしては、ビル街はNG。
お地蔵様もお稲荷様も屋上に追いやられてるらしく、採れ高(?)が少ないから。

ターゲットは、練馬区杉並区あたりの住宅地の、由緒正しき佇まいの神社。
その周辺の、昔参道だったと思われるルートを辿り、
「この先車両が入れません」などと標識があったら、積極的に入り込み、
周辺からにょっきり飛び出る樹木を目指して
ぐるぐるポタリング。
結構な確率でお地蔵様に出会うことができます。
お天気のいいお休みの日は、
オリエンテーリングというか、スタンプラリー感覚で、出かけていますが、
これって、すでに「冒険」ですよね?


それにしても、
どこのお地蔵様も、大事にされています。
江戸時代から受け継がれてきた、古すぎて目鼻もわからないものから、
戦争で焼けてしまったので、作り直しましたというものまで、
小さいながらも雨風を避けるお堂が作ってあったりして、
赤いよだれ掛けをかけてもらって、
マンションや商店の隅にあるものでも、お供えがしてあったりして。

個人的にはなんだかまがまがしいイメージが強かったのですが、
街を守るため、街の子供を守るためのお地蔵様、
ということで、大事にされてきたんでしょうね。

こんなに建て替わりが激しい東京にあって、
よく考えると、これって、すごいことです。

最近どんどん街を見る目が変わってきています。
当分、都内地蔵探しの旅(?)を続けようと思います。


※注 民俗信仰のために作られた、地蔵、庚申塚、馬頭観音など、を
   専門用語で「民俗信仰有形物」 というそうです。
   私はひとくくりで「地蔵」と呼んでしまっていますが。。。
  




テーマ:日記 - ジャンル:音楽

このページのトップへ
9月のスケジュールはコチラ

New!
11/17(土)昼 高田馬場サニーサイド ♪Jungle Lily Trio♪



私の夏休み。
某所にてピアノを弾いてみました。
途中、可愛い飛び入りなどあって、
こんなことがあるんだと、旅行するのも楽しいな。


こういうの、「駅ピアノ」っていうんですってね。
場所は、パリのGare de l’Est (東駅)です。


そう、パリ!


Butte au Caille(Paris)
ウン十年ぶりに行ってまいりました。
お仕事ではなく, ヴァカンスでございます。



Baiser sale (Paris)

とは言いつつ、ジャムセッションには参加。
Baiser Salé(しょっぱいキス)という素敵な名前のお店。
土曜日だったので、満杯のお客様の前で弾くことができました



サン・ドニ門と月
月の綺麗な夜の街を、そぞろ歩いたり。



古本屋
古式豊かな古本屋


マロニエ
マロニエ(たぶん)


シャンティエ
美味しいごはんもいただきました。


フォリ・ベルジェール
ホテルは、伝説のキャバレー、「Folie Bergere」のそば。
窓からモンマルトルの丘が望めるという、素晴らしいロケーション♪


ジョセフィン・ベイカー
フォリ・ベルジェールは、黒人のエンターテイナー、ジョセフィン・ベイカーが活躍した場所。
音楽的には、私の大好きな時代なので、なんだか感慨深い旅でした。















テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

このページのトップへ
8月のスケジュールはコチラ

7/31(火)ジャングル・リリィ・トリオライブ、
たくさんのご来場、どうもありがとうございました。




ジャングル・リリィ・トリオ1



ジャングル・リリィ・トリオ2



ジャングル・リリィ・トリオ3





サニーサイドのさち子ママにお願いして、
お店の窓に布などかけさせていただいての、ジャングル?演出。
ステージも、通常とは違ってお店の真ん中に設置させてもらいました。
おかげで一体感ある演奏に。
サービス動線的にはスタッフのMちゃんにご苦労をかけてしまいましたが、
快くやっていただいて、感謝です。

いつものオリジナルに加え、
私的エキゾアレンジも入れての選曲。

1st セット
Logical Lloyd Rag(ピアノソロ)
Pepe le moko
fun time!
Summer time
Flamingo
ひまわり
C'est si bon

2nd セット
My blue heaven
炭坑節
象のゆび(ピアノソロ)
Sparrow Dance
海流の中の島々
ロンサカ・パーティ

アンコール
月光価千金
Pepe le moko
I got rhythm

(太字はオリジナルです)

玉木勝 20180731
玉木勝(ベース)

伊達弦 20180731
伊達弦(コンガ)

ゴキゲンなメンバーの皆様に支えられ、
楽しい楽しい時間でした。

廣田ゆり 20180731

最後に、ご来場いただいたお客様からいただいた、素敵な俳句を

満天の星を踊らせ象の指(無季俳句)
夏の象砂漠の星を繋げてをり
ジャングルもエキゾも夏のコンガより
軽やかやベース男子の夏帽子
(俳号 「うた」さんの作品)




































テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

このページのトップへ
7月のスケジュールはコチラ


ーほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている(ごくたまにであっても)生涯のお気に入りアルバムを10枚。毎日ひとつずつジャケを投稿する。説明は不要。

#すごい好きなアルバム10枚


、の、後編です。


ベートーヴェン協奏曲「皇帝」

6日目/10日 Beethoven ベートーヴェン / Piano Concerto, 5,「皇帝」 : Van Cliburn(P) Reiner

父のクラシックレコードコレクションにあった1枚。
小学生にもわかるカッコよさ。
今聞いてもカッコイイ♪




Night Lights

7日目/10日 Night Lights /Gerry Mulligan

短いアルバムなんですが。
この世界観には、本当に影響を受けました。





Waltz for Debby

8日目/10日 Waltz for Debby/Bill Evans

「My Foolish Heart」がかかった瞬間、立ちのぼる
圧倒的な空気感。
永遠の存在感。
音楽って凄い。





Let's get lost

9日目/10日 Let's get lost/Chet Baker

若い頃のあの美意識というか核みたいなものが、
しわくちゃのヨボヨボになってしまった彼の中から
変わらず発信される不思議。
音楽って怖い。。。





Penthouse Serenade

10日目/10日 Penthouse Serenade/Nat King Cole

シンプルで、特別なことは何もないけど、
彼の歌と同じく、
ローソクの光みたいに私の生活を暖かく照らしてくれている1枚。
生涯マイベストです。
(オリジナルは歌ナシ、ピアノトリオのみです)





テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズミュージシャンとしての活動のかたわら、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、大人のためのカフェミュージック「Malt Oriental」、エキゾな「モスランズ」、バイオリンとコンガを主軸とした「月夜の散歩」など、独自の音楽世界にたずさわって、ユニークな活動を続けている。

    「古本屋のワルツ」に代表される、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリー~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)、「月夜の散歩」(2017年7月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。自転車で東京都内をめぐること、お茶を飲むこと、。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    Contact
    hiro-yuri@m3.dion.ne.jp
    (ハイフンをとってご連絡ください)

Search

Calendar

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
113位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する