FC2ブログ

ピアニスト廣田ゆりの部屋

ジャズピアニスト廣田ゆりのサイト。

News!
7/6(月)、8/17(月)、9/14(月)廣田ゆりピアノトリオwith 山村隆一(B)&金井塚秀洋(Ds)@赤坂G's Bar


6月のスケジュールはコチラ


IMG_8532.jpg



このようなご時世なので、またもやどうなるか分かりませんが、
7月のスケジュールでございます。
状況により、変更などある場合もありますので、ご了承ください。

もし、貴方のお耳にかかる機会がありましたら、とてもとてもうれしいです。


7/2(木)品川トライベッカ(03-6717-0933)
  山村隆一(ベース)
  ①18:30〜19:00 ②20:00〜20:30
  ¥500+オーダー(サービス料10%)
  NYスタイルのイタリアンを楽しみながら音楽をどうぞ。

7/3(金)品川トライベッカ(03-6717-0933)
  山村隆一(ベース)
  ①18:30〜19:00 ②20:00〜20:30
  ¥500+オーダー(サービス料10%)
  NYスタイルのイタリアンを楽しみながら音楽をどうぞ。

7/4(土) 代々木NARU(03-3370-8154)
  ①18:45〜 ②20:15〜 ¥3300+オーダー 
   渡辺均、寺尾友佑(ボーカル)佐藤きりん(ベース)
  お料理もお酒も美味しい、代々木の老舗ジャズクラブ。

7/6(月)赤坂G’s Bar(03-6303-2363) 
  廣田ゆりトリオ
   廣田ゆり(ピアノ)山村隆一(ベース)金井塚秀洋(ドラムス)
   投げ銭(ミュージシャンへのお気持ちカンパ♪)+オーダー
   20:00〜
   モルトウィスキー、バーボンなど70種類のウィスキーや、
   こだわりのフードメニューの落ち着いたbar。

7/7(火)午後 レッスン
 場所:高田馬場サニーサイド(03-5272-6119)にて。
 ※個人レッスンです。要予約→詳細はコチラ
  現在14時〜、15時〜、の回が空いています。

★7/9(木)人形町かくれんぼ(03-3249-6381)
 20:00〜  ¥3000+オーダー
 ソロ
 人形町駅から徒歩1分の、ほっと一息つける大人の隠れ家。

7/12(日)品川トライベッカ(03-6717-0933)
  永野寛子(ボーカル)
  ①18:30〜19:00 ②20:00〜20:30
  ¥500+オーダー(サービス料10%)
  NYスタイルのイタリアンを楽しみながら音楽をどうぞ。

7/14(火)午後 レッスン
 場所:高田馬場サニーサイド(03-5272-6119)にて。
 ※個人レッスンです。要予約→詳細はコチラ
  現在14時〜、16時〜の回が空いています。

7/15(水)湯島カスター(03-3836-1841)
 神谷洋史子(ボーカル)竹内秀雄(ベース)
 19:00~ (2sets) ¥4000+オーダー
 湯島のファンキーなジャズバーです。

7/16(木)品川トライベッカ(03-6717-0933)
①18:30〜19:00 ②20:00〜20:30
  ¥500+オーダー(サービス料10%)
  NYスタイルのイタリアンを楽しみながら音楽をどうぞ。

7/21(火)銀座em's(03-3574-5508)
 19:45〜 ¥3000+オーダー
 ソロ&影山ミキ(ボーカル)
 ホームバーのような雰囲気の中で、スタンダード・ジャズの生演奏を。
  
7/25(土) 代々木NARU(03-3370-8154)
  ①18:45〜 ②20:15〜 ¥3300+オーダー 
    CHIE KANAKO(ボーカル)佐藤きりん(ベース)
  お料理もお酒も美味しい、代々木の老舗ジャズクラブ。

7/28(火)午後 レッスン
 場所:高田馬場サニーサイド(03-5272-6119)にて。
 ※個人レッスンです。要予約→詳細はコチラ
 現在14時〜、15時〜、16時〜の回が空いています。

7/31(金)銀座em's(03-3574-5508)
 19:45〜 ¥3000+オーダー
 鈴木ひろゆき(ベース) 影山ミキ(ボーカル)
 ホームバーのような雰囲気の中で、スタンダード・ジャズの生演奏を。








スポンサーサイト



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

このページのトップへ
News!
7/6(月)、8/17(月)、9/14(月)廣田ゆりピアノトリオwith 山村隆一(B)&金井塚秀洋(Ds)@赤坂G's Bar




6月のスケジュールはコチラ




I didn't know what time it was

あの頃は、あんなに一瞬一瞬が美しく、崇高だった。
君に出逢って、触れて、声を聞いて。
生きてるって、若いって、すごい、最高だと思っていた。

いつしか時が経ち、あんなにも確かだった愛も、過去のものになった。
生きるのも大したことじゃなくなり、
今の私は、夢中で時を忘れるなんてことも、なくなった。
今より賢くはなかったけど、
時さえ忘れて愛し合っていた、いとおしきあの頃。
     



と、大体こんな感じの内容の曲なのですが、
歌詞に5月が出てくるので、
アレンジしてみました。
もう6月も終わりそうですけど💦


秋の夜を長しと言へども積りにし 
恋を尽くせば短くありけり 
             万葉集

(追記あります。読んでください↓)


【“I didn't know what time it was”の続きを読む】

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

このページのトップへ
News!
7/6(月)廣田ゆりピアノトリオwith 山村隆一(B)&金井塚秀洋(Ds)@赤坂G's Bar




6月のスケジュールはコチラ


しつこく続けております
「小さな手でもストライド」シリーズ。

ガーシュウィンの佳曲
「Nice work if you can get it」
これを「首尾良く行けば」と訳すとは、昔の人は、洒落がきいてますね。
こういう小唄系スタンダードが好きです。








テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

このページのトップへ
News!
7/6(月)廣田ゆりピアノトリオwith 山村隆一(B)&金井塚秀洋(Ds)@赤坂G's Bar



6月のスケジュールはコチラ

月のはなれ

コロナ休みのおかげで始めました、俳句

高校生の時、正月の歌会始めにむけて短歌を作らされていたのですが、
あれは、何ていうか、向いてませんでした💦

でも、俳句は、「プレバト」が好きなせいもあるのか、
とても楽しく
うまいか下手かは別にして、向いているようです。
ついに俳号も決定いたしました。
とりす」でございます。

楽しくて、いろいろ句集を眺めているうち、
アンテナに引っかかった名前。
「金子兜太」さん。

そういや、この方の色紙が実家にあったけど、
何だったっけ???

で、母に電話して聞いたところ、

「あなたのおじいさん(母の父)が水戸で旧制高校の英語の先生をしていた時
 よくうちで句会をやっていたのよ
 他に人が集まれる広い部屋がないから、
10畳の子供部屋を使わせてくれっていうんで、
 句会のたびに追い出されたのを覚えているわ⚡️
 その参加者に、当時高校生だった金子兜太さんがいたのよ」

私の祖父は、明治時代、
官費でロンドンに留学をしていました。
その先輩には、夏目漱石もいて、

漱石といえば、子規。

そんな経緯もあるのか、
当時の旧制高校の英語の先生は、俳句を趣味とする人が多かったそうです。

「句会は、はせがわさんのおうちと交代で開催してて、
 他に、でざわさんたさんとかがメンバーでいたわね」

母自身は、俳句はやらないのですが、
叔母(母の一番上の姉)は亡くなるまで地域の句会に参加していたとのことで、
知らなかったのですが、私の血筋は、俳句好きが多かったのでした。

不思議です。
そんな話、とんとしてなかった(してたかもしれないけど、覚えていなかった)のに、
ここにきて、私が俳句好きになるなんて。

コロナ自粛も悪いことばかりではなかったのでした。

歯を投ぐる
いらかの波に
虹立てり


          とりす


















テーマ:日記 - ジャンル:音楽

このページのトップへ
News!
7/6(月)廣田ゆりピアノトリオwith 山村隆一(B)&金井塚秀洋(Ds)@赤坂G's Bar



6月のスケジュールはコチラ


小さな手で弾くストライドピアノシリーズ、
聞いてるよ〜、って言ってもらってだいぶ励みになっています。

今日アップするのは、ストライドではなく、
リズムでいうと、スローなタンゴです。

もっというと、私アレンジではなく、スコット・ジョプリンのスコアそのままです。



70年代のお洒落映画「スティング」。
ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンが一番イケメンだった時期に作られ、
「エンターテイナー」はじめ、
スコット・ジョプリンの名曲がじゃんじゃんかかるため、
サントラ即買いして、今の言葉で言えば「ヘビロテ」した覚えがあります。

映画の中心は、2人の詐欺師がギャングの親分を詐欺にかけるという痛快な内容でしたが、
その中で唯一しっとりした場面にかかるのが、この曲です。

Solaceとは、慰め、とか、癒し、という意味です。
Webの辞書には
「comfort or consolation in a time of great distress or sadness.」
(ひどい苦痛、悲しみの中にあるときの慰め)
とあったので、
満を持して、今こそ、ですね。


静かなひとりの夜に似合う、
しみじみ、聴ける。。。演奏になっているといいのですが。








テーマ:日記 - ジャンル:音楽

このページのトップへ

Information

廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • Author: 廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)
  • 東京都中野生まれ。かに座AB型

    廣田ゆり(ひろたゆり/ピアニスト・作曲)プロフィール

    ジャズミュージシャンとしての活動のかたわら、スウィンギー&スウィートな音楽性で、ノスタルジックポップスバンド「黒船レディと銀星楽団」、大人のためのカフェミュージック「Malt Oriental」、エキゾな「モスランズ」、バイオリンとコンガを主軸とした「月夜の散歩」など、独自の音楽世界にたずさわって、ユニークな活動を続けている。

    ボーカリストに寄り添うピアノ伴奏スタイル、古い映画音楽のような、ロマンチックなメロディメイキングのセンスに高い評価がある。

    リーダーCDに「ザ・ローリング・リリー~リリー婦人の7分半ピアノロール」(2009)、「ノミのサーカス」(2015年8月)、「月夜の散歩」(2017年7月)など。

    大事にしていること。明日はどうなるかわからないからこそ、音楽によって、その場の空気を多数の人とわかちあえる瞬間。

    趣味。月夜の散歩。自転車で東京都内をめぐること、お茶を飲むこと、。本を読むこと。絵を見ること。昼間のビール、夜更けのワイン。

    レッスンもいたします♪
    生徒募集中。
    コメント欄に管理人宛にコメントを送ってください。

Search

Calendar

06月 « 2020年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

カテゴリー

最近の記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
74位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する